南市原の地域情報・観光情報・最新の出来事・お得な情報・紛争情報・圏央道情報が見れます。

圏央道の情報・工事情報(南市原地域 )H20年内

圏央道の情報・工事情報(南市原地域)H20年内  


  • ◇ 国交省と千葉県で協議をした結論として、産廃を捨てた人を調べもしないで、≪捨てた人が特定できない≫との事で、圏央道を作るのに邪魔だから税金で片付けると決定する。!!
  • ◇ この決定で捨てた人の勝利となった。丸儲けである。
    ---------------------------------------------------------------------------------------------------
  • ◇ 産廃の搬出が、10月23日から始まりました。
  • ◇ 平成20年10月8日産廃を片付ける工事をするための話し合いが行われる。
    ---------------------------------------------------------------------------------------------------
  • 今度は税金で産廃の後始末。圏央道用地にある産廃といえども捨てた人が責任を取らず、国が税金で勝手に片付ける。
  • 何と、今回圏央道を作る部分だけで、その部分の半分だけ産廃を片付ける予算が7500万円強です。税金は幾らでも出てくるのです。
  • これで全部片付く訳ではなく、今回は圏央道を作る部分の半分しか整理出来ないのです。圏央道を作る部分だけで、残りが未だ7〜8000万円位掛かる量が残っているのです。
  • それ以外、圏央道を作る部分の他に、作る部分の5倍以上が残るのです。
  • ◇ 残りの5倍以上の産廃は、いったいどうなる?

◇ 産廃のボーリングの調査完了。これからの指示はどのように?
◇ 産廃のボーリングの調査始まる。結果はどうなる?

◇ 産廃が出てきて工事が一時中断??

◇ 8000㎥以上の、産廃が出てくる?

◇ 産廃処理のために千葉国が、対策を検討?

◇ 処理費用が1億以上掛かる?これも税金?

◇ 税金の使い道が少し違うような気がするのだが?

◇ 棄てた業者は何処の誰なのだろう?

◇ いったい誰が得をして、誰が損をしたのか?

◆ 日本の各地で起きている産廃問題、法律で規制はしても、出てくるゴミの処理の解決が、きちんとされていないで、野放し状況で後から理由を付け、税金で処理?本当にこれでいいのか?

田尾・山小川地区では、文化財の調査不足との事で、さらに発掘調査をしなければ全ての箇所をいじくれない等と、その他にもう一度、構造物の工事で再検討しなければいけないことなどが起き、2社が100%の作業が出来ていないと聞きました。

大和田・不入・高滝地区でも調査・計画がきちんとなされていなかったために遅れていたところへ、圏央道用地内で産業廃棄物が出て(元々産業廃棄物が棄てられていたことは、地元も千葉国も、千葉県も市原市も知っていたのだが、これも調査不足で、全体の量が把握出来ていなかった事が原因)再調査をしなければ、工事が進められない状態です。

今までいろいろと、調査をして来ているのに、何の調査をしてきたのだろうか?何回も調査していく費用も全て税金です。

H20.7/15現在 工事は、調査待ちで遅れています。

【 工事の状況 】


5月14日の話し合いで一期工事を始める事を条件付きで地元は受付ました。


今回問題となった大和田・不入・高滝入会地の工事が始まりました。2社が動き出しました。5月22日〜始まりました。


この問題の起きた土地での工事については、

我々が1年半もの時間をかけて苦労して、解決した土地なのです。それなのにそのときの約束を守るどころか、嘘までつかれて謝礼も手間代も必要経費も一切もらえていないのです。尚且つ用地の買い上げ価格も約束とはまるで違うのです。

揉めた原因の土地だからこだわっているのです。

工事が始まって間もなく工事会社の京成建設が、地元の役員の一人と揉めました。

なぜ揉めたかと言いますと、地元住民を無視した自分勝手な工事のやり方で、(自分たちの車を優先で地元の車両に迷惑をかけるやり方)工事をしようとしたのです。

京成建設は、地元と話し合いがつくまで工事が延期となりました。5月26日〜6月3日迄

その揉め事の解決のため、地元との話し合いが、千葉国と京成建設と地元の3社で、5月31日に行なわれました。


以前も書きましたが、キャリアでなくとも、国交省の下部職員は全体的に若いです。若すぎて、いわゆる経験というものがなく礼儀すらまともに解らないのです。

身勝手な千葉国の、現場を監督する若い責任者では、他人の痛みまでは、分かる筈も有りません。

ましてそんな若造にあごで使われる、工事請負会社(京成建設)、そして我々から見るとよそ者です。そのよそ者の工事会社の責任者も、またまた若い連中で相手の感情まで気遣うほどの、機転がある筈がない連中です。

地元からの誠意ある話、注意などうわのそらで話し合いが終わるまでしかとしていました。

この連中が、今後どこまで改善をして過ちが起きないでやっていけるのか?


地元との話し合いが終わり、取りあえず雨の関係等から、工事は6月4日から再スタートしました。

工事についての質問、苦情、問い合わせ、その他は下記連絡先にして下さい。

千葉国木更津インフォメーション TEL 0438(40)6055 上田

工事会社 ・阿部建設 TEL 0436(88)4560 
・京成建設 TEL 0436(88)2422

市原市大和田・高滝・不入地区では、圏央道促進派と千葉国道事務所との話し合いがもつれて、進行が遅れていましたが、5月14日の話し合いで、一期工事を始める事を条件付きで、地元は受付ました。

揉めていた事は、約束事不履行が原因でしたが、一旦和解に向けて、話し合い(5/24)をしていく事となりました。



a:1583 t:1 y:1

powered by Quick Homepage Maker 3.71
based on PukiWiki 1.4.7 License is GPL. QHM

最新の更新 RSS  Valid XHTML 1.0 Transitional