南市原の地域情報・観光情報・最新の出来事・お得な情報・紛争情報・圏央道情報が見れます。

謝るということ

謝るということ

◆ ここで、謝ると言うことを調べてみました。 ◆

  • 悪かったと思って、相手に許しを願う。わびる。
    (わびる) 詫(わ)びる ご免 済まない 陳謝 深謝 万謝 懇謝 鳴謝 謝罪 平身低頭 謝意を表する 心からお詫び申し上げます 誠に申し訳ございません 心苦しく存じます 恐縮至極に存じます お許しいただきたいと存じます ご容赦くださるようお願い申し上げます
  • 謝るということ
    誰からか避難、注意されたわけでもなく、自分が悪いことしたと思ったとき、相手に謝りますか?
    相手が気にしてない事なら、謝ることによって余計な嫌な想いをさせてしまわないでしょうか。
    謝ったことによって自分だけ心をスッキリさせる、自己満足な行為にしてはいけない。
    謝るということは、反省し同じ事をしないよう対策することが重要だと考えます。
    ならば、相手に伝えることは必要ないのではないか・・・
    しかし、相手が気にしているなら、謝り許しを請い、関係を回復することが必要と思います。
    謝らないことは、自分の非を認められない者、又は相手の気持ちを害したことに気づけない思いやりのない自己中心的な者ともえます。
    確かに、謝るという行為は大切ですが、単なる自己満足になりかねませんね。
    どんな行動でもそうですが、相手の状況を考えることが大切だと思います。
    ただ、この自分の行動(謝る・放置する)について、”正しい”というやり方はないですね。
    基本的には自分に非があると感じたときは、謝意を示すべきだと思いますが、
    相手に迷惑になると考えられる状況ならば、あえて避けることも悪くはないと思います。
    謝るってタイミング次第で良くも悪くもなるから、判断が大変ですよね
  • 謝るということ
    皆さんは誰かに謝る時、その人に対して本当に悪い事をしてしまったという罪悪感を持って謝っていますか?
    例え大声で怒鳴られようとも、自分が悪いのだから怒鳴られて当然だ、と思える程の気持ちで謝っていますか?
    反省したフリをしているといった状態です。
    小学生が先生に言われてするゴメンナサイと同じようなものだと思いませんか?
    とは言っても今の世界で人間関係を良好に保つ為にはたとえ上っ面だけであっても謝罪は必要
    なのでしょう。
    私が思うにやはりほとんどの人は大なり小なり表面だけの謝罪をしているんじゃないでしょうか。
    自分を基準に物事を考えるな。と言われそうですが、皆さん胸に手を当てて考えてみてください。
    大多数の人が心から謝れているのであれば「逆ギレ」なんて言葉生まれないと思うのです。
  • 謝るとは
    薄っぺらいゴメンナサイは 要するに自分の立場や周囲の反応を気にしての自己擁護の行為です。自分が可愛いから 自分の為にやってるだけの事。
    それは謝罪ではない。
    そもそもそれを謝罪と取るから、疑問が出るんでしょう。
    ちなみに、物事で 自分は100涌くないと言い切れるケースなんて稀ですよ。1佑任眸鵑枠鵑任后
    悪いと思うから私は いつも心底謝ります。人より先に。
    相手の気分を害した時点で、謝罪義務が発生すると 私は思いますから。
    社会で 謝るというのは、個人が謝るのでなく 自分が属してる会社を代表して謝る、という場合もあります。子供が悪い事をしたら、親が謝るのとたいして変わらないと思ってます。疑問に思ったり納得出来ないなら、会社を辞めたらいい。
    真摯に謝って、相手がどう出るかは お相手の人格の問題です。''};そこまでは私も関知しません。
    私が思うのは、自分がしなくちゃいけない事は きちんとするって事ですかね。
    全部ごちゃまぜにすると、何していいか わかんなくなりますよ。
    動機はどうあれ、ゴメンナサイを言う理由があるから 人は 謝るんです。
    自己擁護等のデモンストレーションは要らないとあなたが 思うんなら、あなたは しなきゃいい。
    世の中 いろんな人がいるので、統一しようったって出来ないんじゃないかな。
    ただ、真剣に謝る人がいない っていうのは ないですよ。

謝罪(しゃざい)とは
自らの非を認め、相手に許しを請う行為である。謝罪する側される側共に個人単位、団体単位、国家単位など様々な規模があり、謝罪する理由は本心からのものと、戦略的なものに分けられる。

不祥事における謝罪
企業などの不祥事の場合は社会より誠意ある謝罪が求められる。この対応が不十分であれば不祥事以上に批判を浴びることになりかねない。しかしながら謝罪一辺倒で補償や賠償が不十分な場合や、対象に実質的な罰が与えられない場合も批判を浴びることがある。

過度の謝罪要求
加害者の周囲を取り囲むなど、圧力をかけて謝罪させた場合には、刑法の強要罪に抵触する恐れがある。

  • 今回の起きた事と照らし合わせると、国交省の職員ではなく、民間の会社としては、到底考えられない部分が出てきていると思われます。
  • 民間の会社の中にも、極稀に非常識な会社も無いとは言い切れませんが、滅多にお目に掛れないことです。
  • 判断はそれぞれ個人の能力により異なり、一概にこれが良いと決められないことです。
  • ( 編集側としては、皆さんが考えて頂く以外ないと思っております。 )


a:4330 t:1 y:0

powered by Quick Homepage Maker 3.71
based on PukiWiki 1.4.7 License is GPL. QHM

最新の更新 RSS  Valid XHTML 1.0 Transitional