南市原の地域情報・観光情報・最新の出来事・お得な情報・紛争情報・圏央道情報が見れます。

藤田副所長から我々が受け取った図面

千葉国・藤田副所長から我々が受け取った図面

---------------------------------------------------------------------------------------------------
◆ 今まで未発表だった、藤田副所長より受け取った図面初公開!! ◆
---------------------------------------------------------------------------------------------------
◇ 今までの経緯の中で、我々が千葉国藤田副所長から
平成17年5月26日5月30日6月1日3回も書き直し、渡された図面。

あまりにももっともらしく説明をつけて、全てを信じ込ませておいて、「 1年半もの間千葉国の為に働かされて裏切られ 」、揉めてきた問題のSAの図面を公開する事とした。
---------------------------------------------------------------------------------------------------
どうせ今後、土地収用法と真っ向勝負をしていく訳だし、我々もあらゆる方法手段を使って、これからは全力で戦っていく覚悟を決めた以上、全て暴露していくつもりです。

もちろん戦いの場で、応援部隊も必要に応じて考えるし、司法の世界も、成田も視野にいれなければいけない場面も出てくるかもしれない。
---------------------------------------------------------------------------------------------------

◆ 図面の中の、部分的に拡大した所をよく見ていただきたい、ここまで計算され計画されて、もっともらしく書かれている図面を用意してきたら、多くの人が騙されると思います。

我々だけが、お馬鹿さんでは無い筈です。まして、この図面を作成提出されるまで、様々な対話・会話があるのです。普通なら信用してしまいます。
---------------------------------------------------------------------------------------------------
◇ こんな書き方をすると、藤田副所長が全て原因、悪者のようですが、藤田副所長が、図面を作り提出するまでは、問題がなかったのです。と思いたい。

すべては、国交省全体で計画され仕組まれたことだったのです。霞ヶ関にも何回も連絡を取っているのですから・・・
---------------------------------------------------------------------------------------------------
誰かが悪者になり、最後には必ず土地収用法を適用しなければならない理由が始めからあったのです。そしてそのターゲットに、我々が選ばれたのです。

  • その後はすべて、実話圏央道2詳細版 以降の中で詳しく書いています。

◆ この辺で、もう一度読み直すと内容がもっと良く見えてきます。



我々が千葉国に協力したことで、手始めに騙せたら騙そうとして出してきた?第一回目の5月26日の図面

第一回目の5月26日の図面

第一回目の5月26日の図面の文章部分拡大

第一回目の図面で、我々を騙そうとした部分?を指摘され、再度頭をひねって出してきた、第二回目の5月30日の図面

第二回目の5月30日の図面

第二回目の5月30日の図面の文章部分拡大

第二回目でも、また我々に、騙そうとした部分?を指摘され、再々度出してきた第三回目の6月1日の図面、これが最後に出された図面であり、この図面をもって騙されたと言って来たことである。ここまで書かれていれば信用してしまいます。

第三回目の6月1日の図面

第三回目の6月1日の図面

第三回目の6月1日の図面の文章部分拡大

我々が自分たちの時間を犠牲にして、1年半頑張って、3区入会地の( 157名 )の解決を終わろうとしていた時に、千葉国とお互いの約束だったSAのことを図面にしてきたものです。
---------------------------------------------------------------------------------------------------
千葉国との約束・決め事は、この段階で完全に一度済んでいて、後は、当時民営化を計っていたJH( 日本道路公団 )が民営化後の方が、きちんと決め事が出来るという理由で、初めは話し合いに出てきたが、決め事をした後で会社の方針が変わってしまうと、約束が守れなくなってしまうといけないから、民営化をしたあとで、細部に亘って協議をしましょう、としたものである。
---------------------------------------------------------------------------------------------------
我々から見れば一度終わった決め事を、この4年間は改めて同じことを協議しているのです。

無駄な4年間なのです。一度決めたことを簡単に手のひらを返すのが国交省なのです。



a:1806 t:1 y:0

powered by Quick Homepage Maker 3.71
based on PukiWiki 1.4.7 License is GPL. QHM

最新の更新 RSS  Valid XHTML 1.0 Transitional